入園3週間めの号泣

◆こどもたちの成長記録
04 /22 2018
むすこ、入園から二週間が経ちました。
といってもうちの幼稚園は幼保一体型。むすこは預かり保育も利用してて、4月はじめから週3回くらいは通っていたので、正確には3週間が経ったくらいです。

過ごし方は、「そつなく」っていう表現がぴったりで、そこそこ遊び、集団からは遅れることなく、でも自分の主張もちゃんとしつつ過ごしてるみたい。
……でした!

なぜ過去形かというと、この間の木曜日お迎えにいくと、
「今日とつぜん、ママがいい~ママと会いたい~~!って泣き出したんですよ。」
と先生。
それはそれは号泣だったらしくて、4月から一度も泣かずに淡々と通っていただけに先生もびっくりだったそうな…。

考えてみれば、確かにむすこは結構ためるタイプかもしれない。。。
しれっとしてるから、号泣するまで平気そうに見えるタイプというか。

そっかそっか、我慢してたんだね…と思うと、こっちが泣けてくるような気持ちに。゚(゚´Д`゚)゚。
思い返すと、数日前には「がく、ままとぴったんこしちゃったからあしたようちえんいけない~くっついちゃった~」なんて言っていたんですけどね。でも、そんなことを言いながらも毎日しっかり出かけていくので、割と平気なんだと思ってました。

入園後三週間、一生懸命がんばっていたみたいです。
よしよしよしよし。みたいな気分になりました。

帰宅後、
しっかりねぎらって、泣かせてあげてぎゅーぎゅーしよう、と帰ってから膝に乗せてたんですが、
そこはプライド高めの三歳児。
「寂しかった?」と聞くと、
「あしたはなかない」とキリッとした顔でひとこと。
「泣いていいんだよ、寂しいときは」っていうと、
「がくなきたくなかった。
あしたはなかない。
なきたくなかったんだ!」と主張。

どうやら子供みたいに泣いちゃったことは彼のプライドには反することだったらしい。笑

ちょっと違う話になりますが、
「屈辱」って言葉あるじゃないですか。
前、娘がテレビ見てたときに出てきて、「くつじょくってなに?」って聞かれたんですけど説明できなかったんですよね。
単に説明するの難しいっていうのもあるけど、多分競争心とか向上心があまりなくのほほんと生きてる娘のなかには無い感情の名前と思った、というか。

でもたぶん屈辱って言葉、むすこに説明するのは簡単そうだ、とそのときふと思いました。
娘の性格は単純明快、むすこはやや難しいですが、むすこはむすこで、娘にない感情をたくさん持った子だなと思います。
屈辱もそうだけど、葛藤とか←娘はたぶん、葛藤とかもあまりしない…

そんな三週間目のできごとでした。
ちなみに金曜日は泣かなかったらしく、「きょうはうぇーんてなかなかったよ!」って帰ってきました♪

土日はのんびり過ごしてます~
関連記事
スポンサーサイト

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

さゆぽんまま

兵庫県出身、横浜在住。2歳むすこ、6歳むすめがいます。